古写真で語る

″ヴォーリズらの建築設計事始”

(けんちくせっけいことはじめ)

『信仰と建築の冒険 ヴォーリズと共鳴者たちの軌跡』より

滋賀県をはじめ、日本各地に多くの建築物を残したウィリアム・メレル・ヴォーリズ。

彼は伝道を主軸に文化・医療・教育など幅広い分野で成功をおさめました。

明治末期に無一文の英語教師として来日した後、どのようにしてさまざまな事業を興し、発展させていったのでしょうか。

そこには彼の信仰と才能、そして彼のビジョンに共鳴した多くの人々の協働がありました。

生涯のパートナー・吉田悦蔵が 遺した資料や、執筆にあたって収 集した史料・写真を活用し、

草創期の活動や交流を年代順にたどる ことで、彼らが共有したビジョン と実像にせまります。

講師・著者紹介          

吉田(よしだ)与志也(よしや)さん

1954年近江八幡市生まれ、守山市在住の会社役員。

吉田悦蔵の孫にあたり、ヴォーリズ住宅の原点といわれる吉田家住宅(滋賀県指定有形文化財、国登録有形文化財)の保存に取り組んでいる。

日時     令和元年9月26日(木) 午後2時から3時30分まで

定員     50名(当日先着順)

参加費    不要

場所     守山市立図書館 多目的室

共催     守山読書連絡協議会・守山市立図書館

お願い    駐車場の混雑が予想されます。 なるべく公共交通機関か乗り合わせにてご来場 いただきますようご協力をお願いいたします。

バスのご案内(市民ホール線)   守山駅 13:30発 図書館前 13:38着

お問い合わせ   守山市立図書館(守山五丁目3番17号) TEL: 583-1639  FAX: 583-6949


文学歴史講座ちらし.pdf