シンボルマークは、設計管理をしていただいた「隈研吾建築都市設計事務所」に作成していただきました。

放射線状に開いたロゴマークは本を開いたときの形、図書館の平面形状をイメージし、幅が異なる線の集合は、外観の木ルーバーをイメージしています。
異なる高さのボリュームが集まった新しい図書館の形から、一文字ずつ高さを変えたオリジナルのフォントとなっています。